かん と ん ほうけ いと は。 訪問看護ステーションいと

51巻 うき舟

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

この右近、物折るとて、「かくて渡らせたまひなば、とみ にしもえ帰り渡らせたまはじを。 いかにやすからすおぼしけんとこそおぼえ侍。 あはれなる事、おりおはしましけるよは、ふちつほのうゑの御つぼねの小どよりいでさせ給けるに、有明の月のいみじうあかゝりければ、見證にこそありけれ、いかゞあるべからむとおほせられけるを、さりとてとまらせ給べきやう侍らず。

9

Full text of meicho zenshu; Edo bungei no

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

御風邪よくつくろ P141 はせたまへ」など、まめやかに聞こえおきて出でたまひぬ。 とうがらし にちゃにちゃ 暑かった。 菱川の絵を入れたる本あり。

20

日本産

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

失敗(作)。 このみかどは貞 〔永〕觀元年丙子正月三日生れさせ給ふ。

14

福井弁・福井方言・福井訛

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

かの君も同じほどにて、いま二つ三つまさるけぢ めにや、すこしねびまさる気色、用意などぞ、ことさらにも 作り出でたらむあてなる男の本にしつべくものしたまふ。

13

宇治拾遺物語(国史大系) 1/15_Taiju's Notebook

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

仏前の高座。 あいだ。

6

Full text of meicho zenshu; Edo bungei no

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

『正月揃』とい ふ書も、此僧白眼居士の作なるを、後に団水作と入木して彫あらためし本なり、是書房のさかしらなり。

訪問看護ステーションいと

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

左衛門大夫の家にや入る」と見せければ、 「宮に参りて、式部少輔になむ、御文はとらせはべりつ る」と言ふ。 わかるやろ。 かう いふ 次第で、 いは 1- 忠 ほ 蔵 はこれ 迄の 義士 劇の 集大成され たもので ある。

1

【正信偈】わかりやすく解説と意訳(法話で説明します)

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

御位さらせ給し事、おほくは中堂にのぼらせ給はんとなり。 雨降りし日、来あひたりし御使どもぞ、今日も来たりける。 」 「才ちゃんや。

11

つれづれぐさ(下)

は ほうけ と かん ん いと は ほうけ と かん ん いと

「緣の -辻 駕籠」 は 原作 の 第 六 段 の l-a- 界 甚兵衞 とぁづ まとの 親子の 名 乘リ合 ひの 場 を 取った ので ある。

12