忠則 の 都 落ち 品詞 分解。 平家物語 「忠度(ただのり)の都落ち」 現代語訳

平家物語の忠度の都落ち(ただのりのみやこおち)の口語訳をおねがいします。薩摩...

分解 都 品詞 忠則 落ち の 分解 都 品詞 忠則 落ち の

俊成の功績により今も私は忠度を回顧することができます。 『千載集』の説明として正しいものを選ぶというもので、文系の受験生にとっては極めて常識的な問題。

13

平家物語の忠度の都落ち(ただのりのみやこおち)の口語訳をおねがいします。薩摩...

分解 都 品詞 忠則 落ち の 分解 都 品詞 忠則 落ち の

しみじみと思う、しみじみとした情趣がある 門を開けてご対面になる。

18

平家物語「忠度の都落ち」始めから~俊成卿に奉る。の現代語訳ではなく、解説を教...

分解 都 品詞 忠則 落ち の 分解 都 品詞 忠則 落ち の

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形 残念なことではある。 言葉の受け手である五条三位俊成卿を敬っている。 六字以内で答えよ。

18

平家物語『忠度の都落ち』解説・品詞分解(2)

分解 都 品詞 忠則 落ち の 分解 都 品詞 忠則 落ち の

勅撰集の編纂があるだろうことを伺いましたので、 生涯の名誉に、一首なりともご恩を被って入れていただこうと存じておりましたが、 たちまち乱が起こって、勅撰集のご沙汰もなくなってしまったことは、 (私にとって)ただただ大きな嘆きと存じております。 お疑いなさいませんように。 」とて、 俊成卿は、「(わざわざ都へ引き返したのには)しかるべきことがあるのだろう。

13

平家物語『忠度の都落ち』解説・品詞分解(4)

分解 都 品詞 忠則 落ち の 分解 都 品詞 忠則 落ち の

やがて世の乱れ出できて、その沙汰なく候ふ条、ただ一身の嘆きと存じ候ふ。

17

「平家物語:忠度の都落ち〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

分解 都 品詞 忠則 落ち の 分解 都 品詞 忠則 落ち の

現代語において二重敬語は誤った言葉づかい。 薩摩守忠度からの敬意。 その身朝敵となりにしうへは、子細に及ばずといひながら、恨めしかりしことどもなり。

平家物語 忠則の都落ち 問題

分解 都 品詞 忠則 落ち の 分解 都 品詞 忠則 落ち の

しかし、ここはどの意味か特定しがたい。 薩摩守馬より下り、みづから高らかに のたまひ けるは、 のたまひ=ハ行四段動詞「のたまふ(宣ふ)」の連用形。

2

平家物語『忠度の都落ち』解説・品詞分解(2)

分解 都 品詞 忠則 落ち の 分解 都 品詞 忠則 落ち の

薩摩守忠度からの敬意。

10