四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳。 四面楚歌 現代語訳・書き下し文・読み方

四面楚歌(しめんそか)の意味!現代語訳でわかりやすくまとめたよ!

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

張良(劉邦の軍師)の策略により、楚の歌を聞いた項羽軍の兵士たちが脱走していく場面。 しかしもうこの最後の夜となり、項羽は悲憤慷慨〈ひふんこうがい〉し、詩を作って歌った。

11

四面楚歌(しめんそか)の意味!現代語訳でわかりやすくまとめたよ!

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

是に於いて項王乃ち悲歌忼慨し、 自ら詩を為りて曰はく、 「力山を抜き気世を蓋ふ 時利あらず騅逝かず 騅の逝かざる奈何すべき 虞や虞や若を奈何せん。 美人有り、名は虞。 戦国七雄の一)が 燕 えん (bc1100~bc222 周・春秋・戦国の時代に存在した国。

四面楚歌

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

兵少なく食尽く。

4

四面楚歌

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

2 君に勧む、すべからく少年の時を惜しむべし。

8

項王の最期(2)原文・書き下し文・現代語訳

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

漢軍と諸侯の兵は、これを何重にも取り囲んだ。 項 こう 王 おう 泣 なみだ 数 すう 行 こう 下 くだ る。

18

四面楚歌 現代語訳・詳しい解説・書き下し文2

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

枕草子の口語訳をお願いします。 いつも寵愛されてつき従っていた。 「闋」は歌を一回歌い終えること。

2

四面楚歌 現代語訳・詳しい解説・書き下し文3

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

力は山を抜き 気は世を覆った 時に利無く 騅は進もうとしない 騅が進もうとしないのを どうすればよいのか いやどうしようもない 虞よ虞よお前をどうすればよいのか いやどうしようもない 数回歌い、美人もこの詩に応じた。

2

『垓下の歌』項羽 【原文・書き下し文・現代語訳・解説・年表・歴史地図】

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

常に之に騎す。 垓下の歌 訳:蓬田 よもぎた 修一 <漢文> 史記 四面楚歌 項王軍壁垓下。 常に之に騎す。

5

項王の最期(2)原文・書き下し文・現代語訳

ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代 ず 四面楚歌 訳 語 利 あら 時 現代

漢軍及び諸侯の兵之を囲むこと数重。